夫がギャンブル依存症になりまして

ギャンブル依存症・借金依存症はどうしたら治る

【29話】ギャンブル依存症の夫を置いて、子供とホテルで一泊。家を離れて心の整理することに

夫が560万円の借金をしていました。

借金の原因はギャンブルです。

夫の場合、競艇です。

 

夫がギャンブルで使い込んだお金

 

560万円・・・多重債務。弁護士に依頼して個人再生で減額予定。

 

130万円・・・借金返済用に用意した、給料天引き貯金。

 

30万円・・・給料天引き貯金を引き落とした口座に、一緒に入っていたお金。

 

10万円・・・給料天引き貯金の残り。

 

合計 730万円

私は夫のギャンブルにうんざりしていました。

もうギャンブルはしない、と言いながら、

弁護士事務所に言って債務整理をした後も、ギャンブルをする。

家出をして警察に保護された後も、ギャンブルをする。

家族の夕食が質素になっても、ギャンブルをする。

私が泣いても落ち込んでも怒っても優しくしても、ギャンブルをする。

 

疲れました・・・。

何をしていても楽しくない。

何をしていても、心のどこかが常に重い。

 

私は疲れました。

 

夫が仕事に行っている間に、ネットでホテルを探して、同じ県内で、手ごろな金額のホテルを探しました。

ビジネスホテルと、観光ホテルの間・・・、のような感じのところ。

食事はついていません。

 

夜ご飯と、朝ごはん用にお弁当を作りました。

 

ホテルに泊まる贅沢をするので、せめて食事は節約します。

 

夫の借金が発覚してからというもの、外食はしなくなったし、家族でレジャーに行くこともなくなりました。

贅沢はできませんから。

節約してお金を貯めて、借金を返さないといけないから。

 

だけど夫は、お金のやりくりなどお構いなしに、ギャンブルで湯水のごとくお金を使って、私はむなしさを感じていました。

 

子供のおやつ代を節約して、

夫は何万何十万何百万と、お金を使う。

 

私は夫のギャンブルのために、子供も巻き込んで節約をしているのか・・・?

怒りや疑問が湧いてきました。

 

小学生の長男は旅行が大好きでした。

だから、プチ贅沢で憂さ晴らしと、一度夫から離れて、自分の気持ちと向き合いたかったのです。

 

長男が小学校から帰ってきて、

次男と三人でホテルにお泊りをしよう、

と告げたら、

「やったー!!」

と大喜びをしていました。

 

ふさぎ込んでばかりで、うつうつとしていたのですが、子供の喜ぶ顔を見て、私も嬉しくなりました。

 

親子三人の旅を楽しもう。

特に何があるわけではないけれど、私達は、三人でいられれば幸せなのですから。

夫に出かけることを言わず、書置きも残さず、荷物をまとめて家を出ました。

 

 

合わせて読みたい

借金を始めたきっかけ