夫がギャンブル依存症になりまして

ギャンブル依存症・借金依存症はどうしたら治る

 本サイトにはプロモーションが含まれています。

【1話】身に覚えのない銀行から、少し厚めの封書が届く

2021年の8月半ばに差し掛かる頃、

昼に外出先から帰ってきて、ポストの中を確認すると、身に覚えのない銀行から封書が届いていました。

少し厚みのある封書で、夫宛て。

 

お金に関することは私が管理をしていたので、私が知らない銀行からお便りが来ることを不思議に感じました。

そして徐々に胸騒ぎが広がっていく・・・。

 

夫宛てだったので、一度ダイニングテーブルの上に置き、その場を離れたのですが、

すぐに戻ってきました。

 

どうしても見なくてはならないという感情に押されて、開けてはいけない封筒を、勝手に開けてしまいました。

 

封筒に入っていたのは、大きな紙が折りたたまれたもの。

広げると、【返済計画】なる文字が、タイトルのごとく上部に書かれていました。

25年ローンだか、30年ローンだか・・・、

家のローン並みの期間が設定された返済計画書でした。

 

借りた金額は280万円。

280万円を家のローン並みの期間で返すってどういうことだろう・・・。

利子がすごく高くないか?

とか、

 

これはいったい何?

意味がわからないな。

とか、

 

何かの間違いではないのか?

とか、

 

契約された日付を見て、この日は何をしていたかな?

とか、

 

ぼんやりと考えながら、

ゆっくりと心臓がひきつっていくような感覚と、地に足がつかないような、宙に浮いているような妙な感覚が押し寄せて来ました。